レンタル事務所の選び方

これでリスク軽減!レンタル事務所の上手な選び方

契約時に注意するポイントとは?

実際に起きたトラブルとは?

便利なサービスもしっかりと理解していないとトラブルやデメリットに繋がります。レンタル事務所はビジネスの場を提供してくれるサービスですが、どんな事業やケースでも契約出来るとは限りません。

特に古物商や派遣業などはレンタル事務所に向いていないので入居許可が降りない場合もあります。レンタル事務所によっては個室ではあるけれど、天井部分が開いていてそこから声が漏れる。または空調を勝手に操作する事でトラブルに繋がります。

同じスペースに入居している企業のマナーが悪いなど、多くのトラブルが発生している様です。またルールや取り決めを破るとペナルティを科せられる。解約時に原状回復義務が発生し、多額の費用が発生するトラブルもゼロではありません。

トラブルに巻き込まれない為に

絶対にトラブルに巻き込まれたくない!確約は出来ませんが契約する際に、ある程度の知識があれば回避出来ます。よくある共有スペースでのトラブルに関しては、使っているのは自分だけではない。それを心にとどめておくのが大切です。

始めはそう思っていてもいつの間にかレンタル事務所を自分のオフィスだと勘違いするケースはとても多いです。多くの人が使うので、挨拶を含む最低限のマナーに気をつける。万が一トラブルが生じた場合は速やかに運営スタッフへ相談するのも良いでしょう。

運営との金銭的な問題であれば消費者センターを含む然るべき機関へ相談します。泣き寝入りは解決に向かう事はないので、但し処置を行うのがトラブル回避の近道です。


この記事をシェアする